1. TOP
  2. 育ラボとは?

育ラボとは?

育ラボとは?
LINEで送る
Pocket

本メディア「育ラボ」について、「どんな経緯で生まれたのか?」「どんな思いで作っているのか?」「どんな人が書いているのか?」など書いています。長くなりますが、ご興味があれば読み進めていただけたら嬉しいです。

育ラボを運営している人

育ラボを運営している人

初めまして、育ラボ運営責任者の“やすべぇ”こと羽鳥と申します。2人のカワイイ娘とキャリアウーマン妻に囲まれ、てんやわんやな日々を送ってます(^^)

仕事はWEBメディアの企画・運営・執筆・編集・コンサルティングなど。大半の時間は勉強によるインプットと、執筆によるアウトプットです。理系の大学を卒業後、10年ほどの社会人生活をえて、2010年から自営でこの仕事を始めました。

そんな僕にとって、キャリアウーマン妻との結婚は必然だったのかもしれません。

自宅で仕事をしているおかげ(?)で、子供が生まれてからはほぼ主夫状態・・・。主夫として活動しつつ、空いた時間をつかって仕事をするという毎日です。

育ラボの生い立ち

育ラボの生い立ち

このメディア「育ラボ」は“妻のこと・子供のこと・子育てのこと”などを知りたくて、ネット情報や雑誌、書籍、論文等で徹底リサーチしたことを書き留めているブログです。

僕と妻はできちゃった結婚(今では“おめでた婚”“授かり婚”と呼ぶのが主流みたい)だったため、1人目の時は「もっと仕事ガンバらないと!」「嫁と子供にメシを食わせないと!」という焦りがあり、妊娠中の妻にしっかりと心を向けてあげることができませんでした。

当時、妻はよく「頭が痛い」「お腹が痛い」「お腹がチクチクする」「気持ち悪い」「吐き気がする」「クラクラする」などの不調を訴えていたんです。

しかし、精神的に余裕のなかった僕は、それに対して「最近ネガティブ発言ばかりじゃない?」「調子悪いなら医者に行ってきたら?」「仕事に集中させてくれ」など、冷たい態度をとってしまっていました。

その後、妊娠中の身体がどれだけ大変なのかを知り、猛烈に反省することとなるのですが・・・(涙)

当時の妻のことを思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そして2人目妊娠時に「妻の身体のことをもっと知りたい(いや、夫として知っておくべきだ)」「子育てのこともちゃんと知りたい!」と心から思い徹底リサーチするようになり・・・

・リサーチした知識を整理しておこう。
・どうせなら他のママ・パパのお役に立てれたら。

という思いがあって、このメディア「育ラボ」をスタートした流れとなります。

多くのママ・パパを悩ませる3つの問題点とは?

多くのママ・パパを悩ませる3つの問題点とは?

僕が妊娠・出産・育児関連の情報をリサーチしていて、よく悩まされる(悩まされた)3つの問題があります。そしてそれは、僕だけでなく、大勢のママ・パパを悩ませていることだと分りました。

【その一】メディアや人によって言っていることが違う!

例えば“帝王切開”。少しでも危険があれば帝王切開が良いという意見もあれば、なるべく自然分娩にすベき、という意見もあるなど、1つのことに対して複数の意見があることがよくあります。

また、最近は医師監修のような記事も多いですが、それぞれの医師で言っていることが違っていたりもするんです。さらに、医師は●●と言ってるけど、助産師は▲▲と言っているなど、専門家の立場によって見解が異なっていたりもします。

そういった情報を目にすると「いったいどの情報を信じたら良いんだーー!?」って悩むんですよね・・・。なので「もっと詳しく調べよう!」と思ってリサーチしているうちに何時間も過ぎていた、なんてことはザラにあります。

ネット上の口コミを見たり、知り合いや友達からの話を聞くと、僕と同じような思いをしている人が多いな~と分りました。(僕の友達はちょうど出産ラッシュの世代なんです)

【その二】内容の薄い記事、しかも同じような記事が乱立している!

僕はリサーチするときに雑誌や書籍を読むほかに、少なくとも100記事分くらいのネット情報をチェックするのですが・・・、上位表示している記事が“似たり寄ったりの内容の薄い記事”であることがよくあります。

また、「なんかどこも似たような記事だな~」と思いつつリサーチを続けると、専門家の書いた情報を発見し「あれ、さっきの記事全部間違ったこと書いてるよ!」みたいなこともしばしば・・・。

なぜこんな状況が生まれるのか?というと、これには2つ理由があって、、、、(ちょっと専門的な話になるので、飛ばしてもらってかまいません、汗)

1つは、そういった記事が“安い単価による一般人ライターの外注記事”だからです。

一時、DeNAがクラウドソーシングサービスを利用し、格安料金でキュレーションをさせていたことが問題になっていましたね。(「WELQ」に始まるキュレーション(まとめ)サイトの問題、Wikipedia参照)

ここまではヒドくはありませんが、一般人ライターさんにめちゃくちゃ安い料金で記事を書かせているメディアはたくさんあります。

例えば「2,000文字500円」なんて求人を見かけます。

これをどう思いますか?2,000文字と言ったら400字詰めの原稿用紙5枚分ですから、まともに書こうと思ったら、1時間や2時間ではすまないと思います。
(もちろんそのジャンルに熟知したプロライターが書くなら別ですが・・・)

もし1時間で終わらせたとしても時給500円。これ、あり得ないですよね・・・。全国の最低賃金最安の714円を大きく下回っています。(参照:地域別最低賃金の全国一覧)

そんな依頼を受けたライターさんは、きっと「30分で終わらせれば時給1,000円になる。よし、適当にまとめてササッと終わらせよう!」みたいな思考になるのではないでしょうか。少なくとも「何時間かけてでも、読者さんのために良い記事を書こう!」とはならないでしょう。

そうすると、

サイトAのライター:検索エンジンで上位表示している10記事分くらいを適当にまとめてリライトする。(リライトというのはちょっと手直しを加えること)

この記事が上位表示する。

サイトBのライター:検索エンジンで上位表示している10記事分くらいを適当にまとめてリライトする。

この記事が上位表示する。

サイトCのライター:検索エンジンで上位表示してい・・・

・・・

ということが繰り返されてしまい、上位表示しているサイトが“内容の薄い似たような記事ばかり”という状況になってくるんです。

そして、もしそこに誤情報が混じっていれば、誤情報もどんどん広がってしまい、さも「誤情報=本当のこと」のように読者さんに勘違いさせてしまうことに繋がってきます。

実は、そういった誤情報の知識をもって診察に行く人がいて、診察に長時間かかってしまい、医療の現場を混乱させているケースが実際にあるようです。

 

さて、長くなってしまってますが、もう1つの理由も説明します。

もう1つの理由は「Googleのアルゴリズム上、そういった記事が上位表示されてしまう」ということがあります。

あなたはGoogleやYahoo!などを利用して検索をしていると思います。Yahoo!はGoogleのアルゴリズムを採用しているので、実際にはGoogleが上位表示の鍵を握っていることになります。

ただ、現状(2017年始め)のGoogleのアルゴリズムは「情報量たっぷりの記事を上位表示してしまう」「似たような内容でもリライトしてればOK」という特徴があります。

まぁ上位表示については“SEO(検索エンジン最適化)”と言って、実際にはもっといろいろな技術が必要になってくるのですが・・・。

難しい話は置いておいて、ある程度SEOを分っているなら、あとは「複数記事の情報をまとめてリライトして、ガッツリ長文の記事にすればOK!」みたいなところがあるんです。

それにつけ込んで、キュレーション(まとめ)サイトのオーナー達は、「誰でもできる簡単な仕事ですよー。適当にまとめてリライトすればOKですよー」と、格安料金で記事を外注しているんです。

こういった理由により“内容の薄い記事、しかも同じような記事が乱立している”という状況になってしまうワケですね。

【その三】専門家の発信する情報は読むのが難解・・・

これは特に医師や専門家、研究機関、厚生労働省などが発信する情報によくあるケースですが・・・

・専門用語が多い
・学術的すぎる
・改行が少ない

などなど、「とにかく読むのが難解!!」といったことがあります。

「これは重要!」「これは読んでおいた方がいい!」という情報に限って、読むのが大変な文章だったりします。たとえ有益な情報が書いてあったとしても、たぶん多くの人はページを見た瞬間に「うわっ!」と思って、閉じるボタンを押してしまうことと思います。

多くのママ・パパの「空き時間にサクッと情報収集したい」「お手軽に悩みを解決したい」のようなニーズに、専門家の人達は応えられてないということですね。(そもそも、そのニーズに応えるという意識がないのかもしれませんが・・・)

【育ラボの運営理念】こんなメディアに育てたい!

【育ラボの運営理念】こんなメディアに育てたい!

上に書いたように、徹底的にリサーチしていて

・メディアや人によって言っていることが違う!
・内容の薄い記事、しかも同じような記事が乱立している!
・専門家の発信する情報は読むのが難解!

ということが分かり、僕自身も含め、多くのママ・パパを混乱させ、悩ませていることを知りました。そして情報を検索したりチェックするのに、ムダな時間とエネルギーを使ってしまってることを知りました。

妊娠中だったり子供が小さい頃は、ママもパパも忙しくて、じっくりとリサーチする余裕はなかなかないでしょう。そんな中でムダに時間とエネルギーを奪われるのは、とてもイヤなことだと思います。

そこで!この育ラボが目指すのは、次の3つのポイントを満たすメディアです。

1.徹底的なリサーチをし過不足なく情報を伝える

僕は仕事柄、「趣味=リサーチ」と言ってよいほどのリサーチ好きです(笑)1つの記事を執筆するにあたり、少なくとも100記事以上のネット情報をチェックしますし、雑誌や書籍なども確認するようにしています。納得できるまで10時間でも20時間でもリサーチしますので、リサーチはお任せいただけたらと思います。

そして、リサーチして得た情報を、内容に漏れがないように記事に反映していきます。ただ、情報量がたくさんあれば良い、というものではありません。

余計な情報が多くなればなるほど、読むのにムダな時間とエネルギーを使わせてしまうことになりますから、情報はなるべくそぎ落とし、あくまで“過不足なく”を意識して執筆していきます。

2.論理的にしっかりした情報を分りやすく伝える

妊娠・出産・育児のような情報はとても繊細ですし、場合によっては人間の生死に繋がってしまうこともあるでしょう。だからこそ、あやふやな内容ではなく、論理的にしっかりした内容の情報をお伝えしたいと考えています。

そのためにも、厚生労働省など公的機関の情報だったり、医師や看護師、助産師などの専門家の情報だったり、信用度・信頼度の高い情報を記事に反映させていきます。

また、専門家の発信する情報は読むのが難解なケースも多いので、できるだけかみ砕いて“中学生でも分かるレベル”を目標に情報を伝えていけたらと思います。

3.中立の立場で情報を伝える

上で説明したように、立場であったり人それぞれによって、同一のキーワードに対して異なる見解を発信していることも多々あります。ただそれは、彼ら彼女らの知識や知見、経験をもとに発信しているだけで「どちらかが100%正しくて、どちらかが100%間違っている」というワケではありません。

ですので、明らかに「これは絶対オカシイでしょ!」というものは切り捨てますが、基本的には、どちらか一方の意見に偏ることなく“中立的な立場”で情報を発信していきます。

さらに先輩ママ・パパの口コミなども取り入れ、あなたが総合的に俯瞰して考えた上で「だったら私はこうしよう!」と行動できるような記事にしていきたいです。

以上、育ラボの運営理念として

1.徹底的なリサーチをし過不足なく情報を伝える
2.論理的にしっかりした情報を分りやすく伝える
3.中立の立場で情報を伝える

をご紹介しました。

この3つを満たすことで、ママ・パパが読んで安心できるメディアになると考えています。僕自身にとっても、妻や子供のためになるという、一石二鳥的な考えももちろんあります(^^)

少なくとも妻や家族、友人らに「この記事読んだら大丈夫だよ!」と自信をもって紹介できるレベルにはしたいですし、皆さんに「育ラボに出会えて良かった!」「この記事を見れば安心だね!」「このメディアだけで十分だね!」と言ってもらえるよう努力を重ねていく所存です。

また、現状は育ラボ編集部は僕1人ですが、いずれは理念に共感してくれるスタッフさんを迎え入れ、チームとしてメディアを盛り上げていけたらと考えています。

商品・サービスの紹介方法や選び方について重視している4つのポイント

商品・サービスの紹介方法や選び方について重視している4つのポイント

育ラボではいくつかの記事において商品やサービスの紹介をしています。例えば、赤ちゃんに安全な葉酸サプリの選び方&比較ランキング!赤ちゃん世帯向けウォーターサーバーを選ぶ6つの基準と比較ランキングなどです。

育ラボで商品やサービスの紹介をする場合に、選び方や伝え方で次の4つのことを意識しています。

【1】大手メディアでの口コミ数が多い&評価が高いこと

Amazon、楽天、アットコスメ、顧客満足度ランキングなどなど、大手メディアでの口コミ情報をチェックしています。口コミ数が多く、かつ評価が高いものであれば、安心して購入できますし、質の良い商品・サービスである可能性が高いと考えています。

【2】良い口コミだけじゃなく、悪い口コミも反映させる

口コミ評価が高いと言っても、100人が100人とも最高の評価をするワケではありません。
例えば、葉酸サプリで人気のある“ベルタ葉酸”であれば、数千の口コミ件数があって、しかも高評価ですが、「鉄のにおいが気になった」というマイナス評価の口コミもちょこちょこあるんです。

ベルタ葉酸は他のサプリに比べて鉄分が多く含まれているので、(実際ほとんどにおいはしませんが)においに敏感な妊娠初期には気になってしまう人もいるのでしょう。こういったマイナス評価の情報を知らないことで、購入後「失敗したーー(><)」と後悔するママも出てきてしまいます。

ですので、より冷静に「自分に必要なものはどれか?」を判断できるよう、悪い口コミもしっかりと記事に反映させていきます。そのためにも、口コミ情報もしっかりと徹底リサーチしていきます。

【3】機能面の条件を設け、それを満たすものを推奨する

人気度や口コミ・評判だけではなく、機能面も重要視しています。

例えば葉酸サプリであれば、一緒に摂取することが望ましいビタミン類や、不足しやすい鉄分・カルシウムも配合されたサプリを推奨しています。「複数のサプリを飲めばいいのでは?」という意見もありますが、添加物の摂取量が多くなってしまうので、肉体的にも精神的にも良くないと考えるからです。

このように、配合されている成分や量が大きな判断材料となっています。

また、ウォーターサーバーであれば、細菌対策の有無・ボトルタイプ・水質検査の有無・ボトル交換のしやすさ・デザイン性・WEBサービスの有無などで基準を作り、それを満たしているかどうかで判断しています。

「子育て世帯のママ・パパがより安心して利用するためには?」という視点で、機能面の基準を作っています。

【4】商品・サービス提供元の会社の信頼性

特に健康系や美容系の業界に多いですが、「儲かるから」という理由で新規参入してくる企業がたくさんあります。魅力的なセールスレターと、豊富な広告資金があれば、商品の善し悪しにかかわらず売れてしまいますから・・・。

もちろん、良い想いで新規参入してくる企業もありますが、それはある程度の時間が経過してからじゃないと分らない部分でもあります。ですので、提供元の会社の運営実績なども考慮して「この会社なら信頼できる!」という会社の商品やサービスのみ紹介していきます。

以上、商品紹介と商品選びについて重視しているポイントをご紹介しました。まとめると次の4つです。

【1】大手メディアでの口コミ数が多い&評価が高いこと
【2】良い口コミだけじゃなく、悪い口コミも反映させる
【3】機能面の条件を設け、それを満たすものを推奨する
【4】商品・サービス提供元の会社の信頼性

これらの条件を満たすことで、「安心できる商品選び」「満足度の高い商品選び」「失敗の少ない商品選び」ができると考えています。必ずしも全てを満たせるわけではありませんが、少なくとも1・2・4は満たせるようにし、それにプラスして3も満たせるよう努力してまいります。

「これなら妻や子供に使わせられる!」「これなら友達に自信をもって紹介できる!」と判断できるもののみを紹介しています。(実際、我が家では多くの商品・サービスを活用していますよ)

※このような基準で選んでいるため、企業様から「広告を掲載したい!」という依頼をよくいただきますが全てお断りしています。

育ラボが医師監修をつけない理由

育ラボが医師監修をつけない理由

実は、DeNAが運営するキュレーションメディア「WELQ」の問題以降、医師監修や専門家監修をつけるメディアが激増しました。

育ラボにおきましても「医師監修つけないの?」と聞かれることがありますが、今までもこれからも医師監修はつけない方針でおります。

なぜ医師監修をつけないのか?その理由は2つあります。

1つは、そもそもリサーチの情報源が、医師や専門家が監修したものだからです。

妊娠・出産・育児系の雑誌や書籍、専門誌や論文などは、基本的に医師や専門家が監修したものです。そして、それらの情報をリサーチして記事に反映させていますので、その記事をさらに監修してもらう必要性、というのをそこまで強く感じません。

(もちろん、内容の正確性や安全性を確保するために、先生方の知識や知見をお借りすることは、とても価値のあることだと思います。)

 

もう1つ理由は、当メディアの運営理念の1つ「中立の立場で情報を伝える」というポイントを満たせなくなるからです。

上でも書きましたが、同じキーワードに対して、それぞれの医師で言っていることが違っていたり、専門家の立場によって見解が異なっていたりします。

もし記事の監修をお願いするとしたら、特定の医師に監修をゆだねることになると思いますが、当然ながらその医師の知識や知見や経験が反映されることになります。もちろんそれはそれで正しい情報であるとは思いますが、キーワードによっては他の見解を排除することになるかもしれません。

当メディアでは、あくまで中立の立場で情報を伝えること、に重きを置いています。医師や看護師、その他専門家、先輩ママ・パパの体験談など、いろいろな角度からの情報を統合した記事にしたいと考えているため、医師監修はつけない方針でおります。

まとめ

以上、当メディア育ラボに関して、

・育ラボを運営している人
・育ラボの生い立ち
・多くのママ・パパを悩ませる3つの問題点
・育ラボの運営理念
・商品紹介&商品選びの4つのポイント
・アフィリエイトプログラムについて
・医師監修についての考え方

などなど、長々と説明させていただきました。

大変長文となりましたが、ここまでお読み頂きましてありがとうございます。

繰り返しとなりますが、、当メディアを閲覧してくれている皆さんに「育ラボに出会えて良かった!」「すごく役にたった!」「この記事を見れば安心だね!」と言ってもらえるよう努力を重ねていく所存です。

また、いつの日か、2人の娘が結婚して母親になったとき、「悩んだことがあったら育ラボ見たら大丈夫だよ!」と自信をもって紹介できるよう、10年20年かけて成長させていきたいと思います(^^)

なお、記事を投稿するにあたっては、よくよく勉強し徹底リサーチし、何度も読み返した上で投稿していますが、書いてある内容に間違いがあったり、何らかの不備があるかもしれません。

何かお気づきのことがあれば、遠慮なくご指摘いただけましたら幸いです。

追伸

SNSでも情報を随時配信中です。
よかったらフォローしてください。

●育ラボ公式facebook
https://www.facebook.com/ikulabo

●育ラボ公式twitter
https://twitter.com/ikulabo