1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?妊婦の体重増加成功のコツ8選

妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?妊婦の体重増加成功のコツ8選

妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?妊婦の体重増加成功のコツ8選
LINEで送る
Pocket

妊婦さんにとって体重管理は大きな課題です。気をつけてはいても「体重が増えすぎてしまう」「体重がなかなか増えない」など、思うように体重コントロールが出来ずに悩んでいる人がとても多いです。

しかし、妊娠中の体重増加は「増えすぎ」も「少なすぎ」もよくありません。複数の恐いリスクの発生率が高くなるからです。

この記事では、妊婦さんの理想的な体重増加量の目安や、体重管理の失敗「過多」「過小」の恐いリスクや、体重管理を成功させる8つのコツなど解説します。

Sponsored Links

妊婦さんの理想的な体重増加量の目安とは?

妊婦さんの理想的な体重増加量の目安とは?

厚生労働省が設定している数値では、体格区分別(やせ・ふつう・肥満)における、妊娠中の理想的な体重増加量は次のようになっています。

体格区分 BMI 理想の体重増加量
低体重(やせ) 18.5未満 9~12kg
ふつう 18.5以上25.0未満 7~12kg
肥満 25.0以上 5kg or 個別対応

体格区分は非妊娠時の体格です。(参考資料:妊娠期の至適体重増加チャート(厚生労働省))

※個別対応について

・BMIが25.0をやや超える程度の場合は、おおよそ5kgが体重増加量の目安になります。
・BMIが25.0を著しく超える場合には、医師と相談し、他のリスクなどを考慮しながらの個別対応となります。

自分のBMI(Body Mass Index)を調べる方法

BMI(Body Mass Index)はボディマス指数のことで、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。次の計算式で算出することができます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

体重管理をするために、妊娠前または妊娠初期で、赤ちゃんの体重が関係ない時点でのBMIを知っておきましょう。

例えば、体重50kg・身長155cm(1.55m)であれば…
BMI=50÷1.55÷1.55=20.81
体格区分は「ふつう」、理想体重増加量は7~12kgとなります。

妊娠初期・中期・後期それぞれの理想的な体重増加ペース

妊娠初期・中期・後期それぞれの理想的な体重増加ペース

上記で紹介したのは、全妊娠期間における理想的な体重増加量の目安です。

この項目では、初期・中期・後期別で「1週間ごとにどのくらいのペースで体重増加すれば良いのか?」を解説します。

こちらも厚生労働省が推奨する体重増加量が設定されており、
・妊娠期間別(初期・中期・後期)
・体格区分別(やせ・ふつう・肥満)
にて次のようになっています。
(参考資料:妊娠期の至適体重増加チャート(厚生労働省))

体格区分 BMI 理想の体重増加量
(初期)
理想の体重増加量
(中期~後期)
低体重(やせ) 18.5未満 個別対応 0.3~0.5kg/週
ふつう 18.5以上25.0未満 個別対応 0.3~0.5kg/週
肥満 25.0以上 個別対応

肥満(BMI25.0以上)の妊婦さんについては、全期間にわたり、医師と相談しながらの個別対応となります。

妊娠初期については、「吐きつわり」の人もいれば「食べつわり」の人もいるなど個人差が大きいため、それぞれの妊婦さんの状況を踏まえて個別対応していくこととなっています。

妊娠初期は体重が増えなくても問題がないことが多いですが、3kg以上体重が減少してしまう場合には、「妊娠悪阻」が疑われるので、早めに医師に相談しましょう。妊娠悪阻について気になる方は「妊娠悪阻とはどんな症状?病院へ行く目安6つのポイント」をご参照下さい。

図を見て分るように「やせ~ふつう」の妊婦さんであれば、安定期に入ってからは「0.3~0.5kg/週」というように、一定のペースで少しずつ体重増加するのが好ましいとされていますので、急激な体重増加には要注意です。
特に妊娠中期は、つわりが終わって「やっと食べれる!」と食欲が増す人が多いので気をつけましょう。

妊婦さんに知って欲しい!妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?

妊婦さんに知って欲しい!妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?

妊婦さん自身、体重管理が大切であることは分ってはいても「気をつけているけど増えちゃう!」「なかなか体重が増えない!」など、体重コントロールが上手くいかないケースも多いようです。

ただ、妊婦さんの体重増加は『過多』でも『過小』でも出産リスクが高くなるんです。具体的には次のようなリスクがあるとされています。

体重が増加し過ぎた場合のリスクについて

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

重症の場合には、子宮や胎盤での血液が流れにくくなり、赤ちゃんが栄養不足・酸素不足になってしまいます。赤ちゃんが十分に育たなくなり(胎児発育不全)、普通よりも体重の少ない状態で生まれたり(低出生体重児)、酸素が足りなくなると…最悪の場合にはお腹のなかで赤ちゃんが亡くなってしまう(子宮内胎児死亡)こともあります。(出典:日本妊娠高血圧学会)

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病になると、糖の代謝が円滑にコントロールできず、高血糖が続く状態になります。ママの身体では早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症のリスク。胎児には、巨大児になったり、生まれた後に低血糖を起こすなどのリスクが高くなってしまうとのことです。

分娩遷延(ぶんべんせんえん)

初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上かかっても生まれないこと。赤ちゃんが巨大児になったり、産道まで脂肪がついてしまっていたりして、スムーズに分娩出来なくなります。分娩が長引くことで出血量が多くなり、産後にも影響がでることがあるので、必要と判断されたら、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開になるようです。

体重増加が少なすぎた場合のリスクについて

低出生体重児

赤ちゃんに必要な栄養が十分に行き渡らず、低体重児となってしまうケースです。英国・サウザンプトン大学医学部教授のデイヴィッド・バーカー教授の調査によると、低出生体重児は成人になってから、冠状動脈性心臓病・糖尿病・高血圧などの生活習慣病にかかる人の割合が高くなることを明らかにしています。

貧血

妊娠中はそもそも、胎児に酸素・栄養を送るため貧血になりやすいです。さらに、もともと痩せている人や、妊娠中の体重増加が少ない人は、必要十分量の血液を作ることができずに貧血症状が悪化しやすくなります。貧血が継続すると、分娩児に輸血が必要になることもあります。

他にも、切迫流産や切迫早産のリスクも高まるとのこと。

 

以上のように、妊婦さんの体重管理がしっかり出来ていないことで、さまざまな恐いリスクの発生率が高まることが分ります。体重管理のことを口を酸っぱくして言う医師が多いのも、理解していただけるでしょう。

妊娠中の体重管理を成功させる8つのコツ

妊娠中の体重管理を成功させる8つのコツ

【其の一】1日3食、食事はバランスよく

妊娠中の食事は主食・主菜・副菜をバランスよく組み合わせ、1日3回食べるようにしましょう。主食は『ご飯・パン・麺』など、主菜は『肉・魚・卵・大豆』など、副菜は『緑黄色野菜・きのこ・イモ・海藻料理』など、1品の量を増やすのではなく、品数を多く摂ることが望ましいです。

最近は糖質制限ダイエットが流行っており、体重管理のために主食(ご飯などの炭水化物)を抜く人も多いですが、エネルギー補給のためにちゃんと食べましょう。

参考資料として厚生労働省が作成した「妊産婦のための食事バランスガイド」をご紹介します。

妊産婦のための食事バランスガイド

主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物の料理グループごとに、どれだけ「つ(SV)」食べたかの目安がわかる早見表です。プリントアウトして目に見えるところに貼っておいたら便利かと思います。

【其の二】よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べることで、血糖値の上昇が緩やかになったり、満腹中枢を刺激してドカ食いを避ける効果が期待できます。また、よく噛むことで唾液の分泌量が増えますが、唾液には口内の虫歯菌や歯周病菌をやっつける働きもあるので、虫歯や歯周病の予防にもなるんです。他にも、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを増やし、心をリラックスさせる効果が期待できるなど、、、よく噛んでゆっくり食べることには沢山のメリットがあります。

【其の三】味付けは『うす味』を心がける

塩や砂糖などの調味料の量を抑えることが大切です。特に市販のドレッシングは高カロリーのものが多いので要注意。しその葉・柚子・ゴマ・酢・レモンなど、風味や香りづけや酸味などで味付けすることをオススメします。

【其の四】適度に間食を取り入れる

お腹が空きすぎると空腹感が強くなってしまい、ドカ食いにつながりやすいです。適度に間食をはさむことでドカ食い防止になり、急激な血糖値の上昇を抑えることもできます。間食はお菓子ではなく、例えば「干し芋/ナッツ類/ドライフルーツ/おからクッキー/野菜ケーキ/寒天/フルーツ」などオススメです。

【其の五】お菓子・外食は太る要因であると心に刻む

カロリーオーバーの原因になりがちなのが、糖分・脂肪分の摂り過ぎです。お菓子やケーキは糖分が多いですし、外食は脂肪分が多くカロリー過多になる可能性が高いです。絶対にNGとは言いませんが、糖分・脂肪分のことをよく考えた上で、お菓子を食べたり外食するようにしましょう。

【其の六】夜遅くの食事は避けること!

夜寝る前に食べると太りやすいです。少なくとも、寝る3時間前には夕食を済ませるようにして下さい。夜遅く食事をすると、就寝中にも胃腸が活発に動くことになってしまい、眠りが浅くなってしまいます。夜、しっかり熟睡するためにも「寝る3時間前には夕食をすませること」は大切です。(参照:妊娠初期はとくに眠い!?妊娠中の眠気の3大原因&13の対策ワザ)

【其の七】軽い運動をする、家事をする

運動不足解消や基礎代謝を高めるためにも、妊娠中の身体に負担がかからないような、軽めの運動を生活に取り入れたいところです。妊娠中の運動と言えば散歩などのウォーキングが有名ですが、体調が安定しているのであれば、「マタニティヨガ」「マタニティビクス」「スイミング」「ピラティス」などをするのもオススメです。
妊娠中は身体の安静の為にじっとしてしまいがちですが、できる範囲で身体をよく動かすようにしましょう。

【其の八】毎日体重計に乗る

妊娠中の体重管理、計画的に体重を増やしていく為にも、体重をこまめにチェックすることが大切です。できれば毎日体重計に乗りたいところです。アプリや手帳などに、体重を日々記録することで、体重管理の意識は高まるでしょう。

まとめ

まとめ

以上、

・妊婦さんの理想的な体重増加量の目安
・初期・中期・後期それぞれの理想的な体重増加ペース
・体重管理失敗『過多』『過小』による恐いリスク
・体重管理を成功させる8つのコツ

などなど、解説させていただきました。

妊娠中に上手に体重コントロールすることが、重要である理由は分っていただけたと思います。

理想のペースで体重増加するために、一番重要なのはやっぱり食事です。妊娠中の食生活を正しくすることで、妊婦さん自身の身体づくりも出来ますし、赤ちゃんの健康や成長発達にも良い影響を与えることができます。

この記事で解説した「体重管理を成功させる8つのコツ」は、どれも難易度の高いことではありませんし、すでにどこかで見聞きした内容も多いでしょう。もし実践できていないようでしたら、いま一度確認していただいて、是非生活に取り入れていただけたら嬉しいです。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

育ラボの注目記事を受け取ろう

妊娠中の体重管理失敗の恐いリスクとは!?妊婦の体重増加成功のコツ8選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめの関連記事はこちら

  • 体重増加に注意!食べつわりの症状&対策術まとめ

  • 先輩ママの体験談から分かる妊娠超初期【全42症状】まとめ

  • 妊婦が腰痛になる3大原因とは!?妊娠中の腰痛対策ワザ13選まとめ

  • ママの味方「食材・食事宅配サービス」の正しい選び方

  • 妊娠初期だけじゃない!?後期つわりの症状と対策法まとめ

  • 妊娠超初期症状の着床出血とは?8つの重要ポイントまとめ