1. TOP
  2. 1,2歳児に我慢させるのは成長に悪影響!?理想の対処法5選

1,2歳児に我慢させるのは成長に悪影響!?理想の対処法5選

1,2歳児に我慢させるのは成長に悪影響!?理想の対処法5選
LINEで送る
Pocket

子供が1歳児・2歳児の頃になると、自己主張が強くなってくるために、「我慢して欲しい!」と思うような行動が増えてきます。

何とかしたいと思って、頭ごなしに我慢させてしまった経験のある人も多いでしょう。しかし、そのように我慢させることで、のちのち子供の成長に悪影響が出ることをご存知でしょうか?

今回は、発達心理学・教育心理学の先生のお話しをもとに、『我慢の悪影響のこと』『我慢して欲しい時の理想の対処法』などをご紹介します。

Sponsored Links

1,2歳児の子供の行動は、重要で意味のある行動です!

1,2歳児の子供の行動は、重要で意味のある行動です!

1,2歳児の頃の子供は、何でも手に取って触ったり、何でも口に入れたり、一生懸命意欲的に動きます。

親の目線で子供の行動を見ると、危険がいっぱいで「止めてほしい」と思うかもしれません。しかし、これらの行動はとても重要で意味のある行動…。自分が生きている世の中の仕組みを知ろうとしている姿なのです。

3歳くらいになれば言葉が理解できるようになりますので、それまでは子供に我慢させない方が良いとされています。

我慢をさせないことで我慢できるようになる?

1,2歳児の子供には我慢をさせずに、思い切り欲求を満たせるようにしてあげます。そうすることで、自分の行動を肯定してくれていると感じ、親との信頼関係が構築されていきます。

その結果、子供は「何でもできる!」という自信を身に付けることができ、いずれ「我慢もできる!」と思えるようになります。自発的な我慢ができるようになるという事です。

ですので危険が伴う場面以外では、子供に我慢させないことをオススメします。

1,2歳児の子供に我慢させると、どんな悪影響がある?

1,2歳児の子供に我慢させると、どんな悪影響がある?

では逆に、1,2歳児の子供に我慢をさせてしまった場合はどうなるでしょうか?

1,2歳の頃は理屈が通じないことが多いので、上手に止めさせることはなかなか難しいものです。「ダメ!」「止めなさい!」など、つい頭ごなしに禁止して、我慢をさせてしまうこともあるでしょう。

しかし、今はダメな理由が理解できない年齢です。頭ごなしに禁止されることで「行動を否定された」と思ってしまいます。我慢させられる機会が多くなることで、親への信頼が育たず子供が不安な気持ちになり、そして積極的な行動が苦手になってしまいます。

まとめると、【1,2歳児の子供に我慢させると積極的な行動が苦手になる】ということです。

子供に我慢して欲しい時の【理想の対処法5選】

では、やって欲しくないことを止めさせたい場合、どのように我慢をさせたら良いのでしょうか?発達心理学・教育心理学の先生に教えてもらった、理想の対処法をご紹介します。

我慢させない環境作りをすること!

我慢させない環境作りをすること!

1,2歳児の子供が『こぼす、散らかす』は当たり前のことです。触って欲しくないモノ、汚したくないモノは、子供の手が届かないところに置きましょう。

して欲しくないことを子供にされないように、前もって、『子供がそうしたくならない、できない環境を整えること』から始めましょう。

家の中全体の配置を変更しなければいけませんから、最初はとても大変なことかもしれません。しかしその分、禁止する回数が減りますから、結果的に親の負担が軽くなります。子供も思う存分活動できて幸せですよね。

温かく見守ってあげること

温かく見守ってあげること

一番近くにいる存在である親の反応に、子供はとても敏感です。親の反応が欲しいと思って行動しているケースも多いです。

子供がこちら見てきたら、しっかりその視線を受け止めてあげることが大切。そして、反応が欲しそうな顔をしていたら、「えらいね!」「すごいね!」など共感してあげることが大切です。

子供の行動に対して親が知らん顔だと、「見て欲しい!」「聞いて欲しい!」という気持ちを失ってしまいます。子供の行動を温かく見守ってあげましょう。

親がお手本を見せてあげること

「ジュース飲みたいね!でももうすぐご飯だからママの我慢するね!」などと、親が我慢する姿を率先して見せて、それを言葉にして伝えましょう。

子供は親の姿をきちんと見ていて、理屈ではなく身体全身で感じ取っています。また、他の子との交流がある時などは、他の子が我慢していることを伝えるのも効果的です。

気持ちの切り替えを手伝うこと

気持ちの切り替えを手伝うこと

1歳児の頃は、理屈でダメという事を理解するのは難しいです。母親・父親が子供の気持ちの切り替えを手伝ってあげましょう。

例えば、して欲しくないことをしている時、「アンパンマンがいるよ!」「絵本を読もうね!」などと、他のことに注意を向けられるように言葉がけをしましょう。

2歳児の頃になるとある程度理解できるようになりますので、まず第一に「楽しいよね!」などと子供の気持ちに共感してから、「もうおねんねの時間だから」「ご飯食べられなくなっちゃうから」など、何故ダメなのかを説明して理解するキッカケを作ってあげましょう。何度も繰り返す事で、だんだんと欲求をコントロールできるようになります。

ちゃんと見ていることを伝えること

ちゃんと見ていることを伝えること

1,2歳頃の子供にとって親はとても重要な存在です。そんな父親・母親にかまって欲しいと、強く思っているのもこの時期です。

ただ、「夕飯を作っている最中、一人で遊んでいて欲しい」なんて時もあるでしょう。しかし、子供がかまって欲しくて、泣いたり喚いたりして困る…なんてケースもよくあるパターンかと思います。

このように子供がかまって欲しそうな行動をした場合、その行動の裏には「寂しい!」「満たされない!」などの気持ちが隠れているかもしれません。ですのでそのような時は、抱っこして「今は遊べないの!」「もう少し待っててね!」などと優しく声かけをしてあげると良いです。

また、子供をおんぶして家事をしたり、目の届く範囲で遊ばせて「ちゃんと見ているアピール」をする。離れている場合でも、子供が好きな歌を歌ってあげたりして「心は繋がっている」というサインを出すと良いでしょう。

以上、子供に我慢して欲しい時の、理想の対処法をご紹介しました。1つの参考にしていただけたら嬉しいです。

今まで頭ごなしに我慢させてしまった!もう遅い??

今まで頭ごなしに我慢させてしまった!もう遅い??

しかし、今回の『1,2歳児の子供に我慢させると悪影響がある』という話を聞いて…

「今までいつも頭ごなしに叱ってしまっていた。どうしよう??」

と不安に感じている人もいるかもしれません。その場合、今日からでも『子供に我慢したと思わせない対応』をしましょう。

「もう遅いのかどうか?」については、今後の父親・母親の心がけ次第で変わってきます。理想の対処法5選を参考に、日ごろから子供の気持ちを受け止めて共感してあげて、安心できる親子関係を構築していきたいですね。

日々の生活の中では、ときに親の都合を優先して、子供に我慢をさせてしまう場面もあるかもしれません。そして、子供が泣き叫んだり、地団太を踏んだりすることもあるでしょう。

そんな時には「よく我慢できたね!」「ママは嬉しいよ!」などと、我慢したことを褒めてあげると良いです。『我慢したこと=良い事』とつなげる事ができ、「我慢して良かった!」と子供に感じてもらえます。

1,2歳の時期はあっという間。今の時間を楽しもう!

1,2歳の時期はあっという間。今の時間を楽しもう!

子供が1,2歳である期間は、一生のうちのほんのわずかです。

泣き叫んだり駄々をこねたり、対応に四苦八苦するかもしれませんが、『今しか体験できない、大切な親子のコミュニケーション』と思って楽しんで欲しいです。

1,2歳児の行動を親目線で見ていると、して欲しくない事をして遊びたがる事も多いです。しかし、子供は純粋に目の前のことに興味関心をもち、好奇心のままに行動をしているだけのこと。そこに善悪の意識はなく、悪いことをしているとは思っていません。

ですので、頭ごなしに叱って我慢させてしまい、好奇心の芽を摘んでしまわないようにしたいですね。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

育ラボの注目記事を受け取ろう

1,2歳児に我慢させるのは成長に悪影響!?理想の対処法5選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

おすすめの関連記事はこちら

  • いつまで続く?イヤイヤ期の子供と上手に付き合う10のコツ

  • ママの味方「食材・食事宅配サービス」の正しい選び方

  • おしゃぶりはいつから使える?歯並び悪くなるって本当?

  • シリカゲル&他乾燥剤の誤飲~対処法が違うので要注意!

  • 学資保険は必要?必要性を判断するための4つのポイント

  • 学資保険の賢い選び方5つの基準&比較ランキング