チャイルドシートの義務の年齢はいつまで?助手席に設置するのは違反になるの?

チャイルドシートの義務の年齢はいつまで?助手席に設置するのは違反になるの?

2000年4月1日に道路交通法が改正され、幼児を車に乗せる場合、幼児用補助装具(チャイルドシート)を使用することが義務化されました。つまり、チャイルドシートを使わなければいけない年齢の子どもを車に乗せる場合、チャイルドシートを使用しなければ法律違反になるということです。

特に子どもを車に乗せる機会の多い人は、チャイルドシートは何歳まで使わなければいけないのか、助手席に設置しても違反ではないのかなどわからないことも多いですね。そこで、チャイルドシートの義務の年齢や設置方法などについて詳しくご紹介します。

チャイルドシートの義務対象年齢はいつまで?

道路交通法の第七十一条3項において以下のような内容が記されています。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であって、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
引用: http://elaes.e-gov.go.jp

法律上の幼児とは、6歳未満の子どものことを指しています。つまり、チャイルドシートの使用義務対象年齢は、生まれたときから6歳の誕生日を迎えるまでということになります。6歳のお誕生日を過ぎれば、法律上の義務はなくなります。

ジュニアシートが幼児用補助装具になるの?

ジュニアシートが幼児用補助装具になるの?

ジュニアシートというものをご存知ですか?チャイルドシートは、シート自体に子どもの体を固定するためのベルトがついています。ジュニアシートは、ジュニアシートで子どもの身長の低い部分を補い、車のシートベルトを安全に使えるようにできるものです。

子どもが小さいときはチャイルドシートの方が体も安定するので、チャイルドシートの使用がおすすめです。ですが、子どもの体が大きくなってくると、狭いシートに体を固定されることを嫌がるお子さんもいます。大人の目から見てもちょっと窮屈そうに見えることもありますね。

ジュニアシートは、チャイルドシートのように体全体をシートの中に固定するものではありませんので、体格のいいお子さんの場合はジュニアシートを利用した方がよいでしょう。規定に適合するものであれば、「幼児用補助装具」は、ジュニアシートを利用しても法律違反にはなりません。お子さんの成長や体格にあった補助具を選ぶようにしましょう。

チャイルドシートは助手席に設置すると違反になる?

結論からお話しますと、チャイルドシートを助手席に設置しても法律違反にはなりません。なぜかといいますと、道路交通法で幼児用補助装具の設置は義務付けられていますが、設置場所の指定まではされていないためです。

チャイルドシートやジュニアシートを助手席側に設置しないほうがいいといわれている理由は、車にエアバッグが装備されているためです。エアバッグは、車が万が一事故を起こして何かに衝突した場合、衝突による衝撃を和らげることを目的として運転席と助手席に装備されています。

そのため、車の取り扱い説明書には、助手席にチャイルドシートを装着しないでくださいという注意が書かれています。また、やむを得ず助手席に設置する場合は、後ろ向きに装着することは避け、チャイルドシートやジュニアシートを装着する際はシートを一番後ろまで下げて設置するよう書かれているものもあります。

つまり、チャイルドシートを助手席に設置することは法律違反になることはありませんが、車の装備(エアバック)を安全に使用するために避けた方がよいということです。

チャイルドシートを助手席に設置したい場合

運転者がひとりでお子さんを車に乗せることが多い場合、後部座席に設置してしまうとお子さんの様子を確認することができないので、助手席に設置したいという人も多いですね。チャイルドシートもエアバックも事故を起こしてしまった場合、車に乗っている人を守ることを目的としています。万が一事故が起きてしまった場合、チャイルドシートやエアバッグが原因で窒息してしまうことがあっては困りますね。

法律違反ではありませんが、本来の目的が十分に生かされる使い方をすることが大切です。

どうしても助手席にチャイルドシートを設置したい場合、車の車種によっては助手席のエアバッグの作動を停止できるものがあります。助手席に設置したいという場合は、こういった車を選ぶという方法もあります。詳細につきましては、車のメーカーなどに問い合わせてみてください。

チャイルドシートの設置を怠った場合どうなる?

チャイルドシートの設置を怠った場合、どんな罰則があるのでしょうか。

お子さんのチャイルドシートを使わずに車に乗せた場合の罰則は、「チャイルドシート義務違反」となり、違反点数が1点になります。罰金などの罰則はありません。これは、大人がシートベルトをしなかったときの違反と同じ内容です。

子どもを抱っこした状態で車に乗る危険とは?

違反点数1点くらいなら大した罰則ではないと考えてしまう人もいるかもしれません。ですが、「チャイルドシート」を使わずに子どもを車に乗せるという行為はとても危険です。

時速40kmで走行している車で、子どもをひざにのせた状態で衝突するとどんな状況になるかご存知でしょうか。この動画は、子どもを抱っこした状態で車が衝突したときの車内の様子を撮影した動画です。

画像を見ると、ダッシュボードにお子さんの顔がめり込むくらいの衝撃でぶつかっていることがわかります。一方、母親はシートベルトをしていたので、ダッシュボードとお子さんの間に手が挟まれる程度で済んでいます。

この映像を見ると、チャイルドシートを使わずに子どもを車に乗せることがどれほど危険なのかということがわかりますね。

何かに衝突するまではいかなくても、何らかの事情で急ブレーキをかけた場合でも同じような状態になります。「罰則が軽いからまぁいいか」と考えてしまうのではなく、大切な我が子を守るために必ずチャイルドシートを設置するようにしてください。

6歳の誕生日を迎えたらチャイルドシートは使わなくてもいい?

法律で義務付けられているのは、子どもが6歳の誕生日を迎えるまでの期間です。そのため、誕生日を過ぎればチャイルドシートを使わなくても法律違反にはなりません。ですが、子どもを車に乗せるときにチャイルドシートやジュニアシートを使う目的は、車にのっている間の子どもの安全を守ることです。

点数が引かれてしまうから設置するわけではありませんね。同じ6歳でもお子さんによって体格も違うので、6歳を過ぎても幼児用補助装具を使わずに大人用のシートベルトをお子さんが使った場合、首のあたりにベルトが来てしまい、安全を守るためのシートベルトが逆に危険になってしまうこともあります。

子どもが6歳の誕生日を過ぎたとしても車のシートベルトを使えるようになるまではジュニアシートなどを使い、子どもが安全に車に乗れる環境を整えておきましょう。

新生児を車に乗せるときもチャイルドシートが必要?

新生児を車に乗せるときもチャイルドシートが必要?

出産後病院から退院するときに、赤ちゃんを車に乗せる場合もチャイルドシートの使用が必要なのでしょうか。赤ちゃんと一緒に退院するときに、クーファンなどに赤ちゃんを乗せて車に乗ることを考えている人もいるかもしれませんが、クーファンは幼児用補助装具ではありません。

退院後、自家用車で家に戻る先に赤ちゃんを車に乗せる場合もチャイルドシートを利用しましょう。チャイルドシートの中には、新生児から使えるタイプのものがあります。新生児から4歳児くらいまでを対象としているものがありますので、こういったタイプのものを選ぶと長く使うことができますね。病院から自家用車で自宅に戻る場合は、退院する前にチャイルドシートを準備しておくようにしてください。

タクシーなどを使う場合はチャイルドシート着用の義務はない

自宅に帰るときにタクシーを使う場合は、チャイルドシート着用の義務は免除されています。つまり、同じ車に赤ちゃんを乗せる場合でも、タクシーを使う場合は使わなくても大丈夫ということです。

しかし、赤ちゃんを抱っこして車に乗るということは、急ブレーキをかけたり、万が一衝突事故などに巻き込まれてしまった場合、抱っこしている人の腕で赤ちゃんを守ることは難しいということを頭に入れておくことが大切です。

チャイルドシートの着用が免除される場合とは?

タクシーの場合、チャイルドシートの使用が免除されているというお話をしましたが、他にもいくつか免除されるケースがあります。

1.チャイルドシートを設置することができない車の場合
2.授乳、おむつの交換をしているとき
3.けがや病気などのときでチャイルドシートを使うことができないとき
4.股関節脱臼など身体的要因でチャイルドシートの使用が困難であるとき

ただし、このようなケースの場合も法律的にチャイルドシートを使っていなくても罰せられないというだけです。万が一チャイルドシートを使っていないときに事故が発生した場合、衝突の衝撃などを受けやすい状態になっているということをしっかり頭に入れておきましょう。

安全面を配慮するのであれば、おむつ交換などを行う場合は車を停止して行うことが理想です。

チャイルドシートの選び方3つのポイント

チャイルドシートは、チャイルドシートのメーカーや車の車種によって、後ろ向きで設置したほうがいい場合や、固定の仕方などが異なります。

また、以前は車のシートベルトを使ってチャイルドシートを固定するタイプのものがほとんどでしたが、現在はISOFIX(アイソフィックス)方式といって、車にチャイルドシートを固定できる接続するコネクタがついていて、直接固定できるタイプのものがあります。

チャイルドシートを選ぶ場合、どんな点に注意すればいいのか、またどんなものを選べばよいのかなどについてご紹介します。

【1】チャイルドシートの種類について

チャイルドシートには、対象年齢に合わせて3つの種類があります。

1.ベビーシート
対象:体重10kg未満又は13kg未満(身長70cm以下、新生児~1歳くらい)
ベビーシートは新生児の赤ちゃんから首がすわる前の赤ちゃんが使用するタイプのもので、ベビーシートに赤ちゃんを寝かせた状態で使うことができます。
2.チャイルドシート
体重9~18kg(身長65~100cm以下、1歳~4歳くらい)
チャイルドシートは、首がしっかりすわり、自分で座れるようになってから使うことができるタイプのものです。体の固定は、チャイルドシートについているベルトで行います。
3.ジュニアシート
体重15~36kg(身長135cm以下、4歳~10歳くらい)
ジュニアシートは、背もたれのついているものとついていないタイプがありますが、座席の高さを上げて背の高さを補い、車のシートベルトを安全に使えるようにできる補助装具です。

メーカーによっては、ベビーシートとチャイルドシートの機能を兼ねたものもあります。新生児期から4歳まで使うことができますので、生まれてすぐに赤ちゃんを車に乗せる機会が多い人は、このようなタイプのものもおすすめです。

【2】日本の安全基準を満たしているものを購入する

国土交通省の安全基準を満たしているチャイルドシートには下記のようなマークがついています。

国土交通省の安全基準を満たしているチャイルドシート
引用:www.mlit.go.jp

チャイルドシートを購入する際には、日本の安全基準を満たしている商品を購入すると、安心して使用することができます。また、国土交通省と自動車事故対策機構では「チャイルドシートアセスメント」といって、市販のチャイルドシートについて全面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を公表しています。

結果は以下のページから確認することができます。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/02assessment/child_h29/index.html

【3】ISOFIX方式で使えるものを購入する

少し前の車の場合、チャイルドシートは車のシートベルトを利用して固定して使用していました。しかし、シートベルト固定式の場合、固定の仕方を間違えてしまうときちんとチャイルドシートが固定できていないため、途中ではずれてしまうといったこともありました。

しかし、現在ではISOFIX(アイソフィックス)方式といって、車にチャイルドシートを固定するコネクタがついている車が多くなりました。ISOFIX方式の場合、チャイルドシートの接続部分を車のコネクタにはめて使用することができるようになったので、シートベルト固定式よりも取り付けが簡単で、かつ取り付け方法などの間違いが少ないという特徴があります。

2006年以降に販売された車のほとんどは、ISOFIXが採用されています。チャイルドシートのメーカーで対応車種を確認することもできますし、車のメーカーでISOFIXが採用されているかを確認することもできます。

すべての車に搭載されているわけではありませんので、チャイルドシートを購入する際は確認してから購入するようにしてください。

まとめ

チャイルドシートやジュニアシートは、生まれた直後の新生児から6歳のお誕生日を迎えるまで使用義務があります。子どもの中には、チャイルドシートの着用を嫌がる子もいるので、チャイルドシートの使用義務期間が過ぎたら、できれば使いたくないという人もいるかもしれません。

ですが、チャイルドシートは法律で決まっているからとか、点数を引かれないために使用するものではありません。どんなに注意をして車を運転していたとしても、100%事故を起こさない、巻き込まれていという保障はありません。

子どもがシートベルトを安全に使用できる年齢や体格になるまでは、チャイルドシートやジュニアシートを利用し、万が一のときに子どもを守れるように親が車の環境を整えておくことが大切です。

おすすめの子育て関連記事はこちら↓

妊娠線で悩むママが7割以上?予防&対策のための必読5記事をまとめました!
妊娠線を作りたくないママはこちらクリック!
妊娠中も産後も摂取したい「葉酸」についての必読5記事をまとめました!
赤ちゃんのために葉酸について詳しく知りたい!
妊娠・出産・育児に関わる「お金」についての必読13記事をまとめました!
お得に子育てしたいママはこちらをクリック!