幼稚園と保育園は何が違う?費用や時間?5つの大きな違いを知ろう!

幼稚園と保育園って何が違うの?と思ったことはありませんか?集団生活を体験させるのが目的ならどっちでもいいのかな?とか費用に違いはあるの?など、幼稚園と保育園の違いは、知っているようでよくわからないことも多いですね。

そこで幼稚園と保育園は何が違うのかについてご紹介します。実は、幼稚園と保育園には大きな違いがあるので、家庭の状況によっては保育園に入れられないというケースもあります。これから幼稚園や保育園に子どもを入れたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

幼稚園と保育園の5つの違いとは?

幼稚園と保育園は管轄が違う!

幼稚園と保育園では管轄が違うということをご存知ですか?「幼稚園」は、文部科学省の管轄なのですが、「保育園」は、厚生労働省が管轄しています。なぜ管轄が違うのかといいますと、子どもを預ける目的に違いがあるためです。

「幼稚園」の目的は、幼児に適切な環境を与えて心身の発達の助長を目的としています。わかりやすくいうと、子どもが何かを学んだり、習得したりする環境を作って、心身の発達を促すことが目的としているということです。

一方「保育園」は、保護者からの委託を受けて乳児または幼児を保育することを目的としています。つまり、仕事などで子どもの世話をすることが困難な保護者から委託を受けて、乳児または幼児を保育する(子どものお世話をする)ことを目的としているということです。

法律が違う

管轄が違うので、子どもたちを守るための法律も幼稚園と保育園には違いがあります。「幼稚園」は、学校教育法という法律で守られていますが、「保育園」は、児童福祉法という法律で守られています。つまり、「幼稚園」は、学校と同じ法律で守られているということなんですね。

保育時間が違う

保育時間は、施設によって異なりますが、おおまかにわけると次のような違いがあります。「幼稚園」の場合は、園長保育などを依頼しない場合は、一般的に9時~14時までとなっていて、標準の保育時間は4時間程度です。

一方、保育園は子どもの世話をすることが目的なので、7時半~18時くらいとなっている施設が多く、標準の保育時間は8時間です。

ただし、すべての幼稚園や保育園の保育時間がこれにあてはまるというわけではありませんので注意してください。(園によっては延長保育が可能な場合があるため、標準の保育時間よりも長く預けることが可能なケースがあります)

保育料の基準が違う

幼稚園の場合、保育料は私立と公立で保育料の決まり方が変わります。私立の場合は、設立者が設定することができます。公立の場合は自治体が設定します。

保育園の場合は、保護者の所得状況に応じて自治体が設定します。つまり、保育園の保育料は一律ではなく、保護者の所得などによって保育料が変わるということです。

保育園の保育料について

保育園の保育料は、以下の4つの内容で決まります。

1.世帯所得
2.お住まいの自治体
3.子どもの年齢と人数(兄弟、姉妹で同じ保育園に入園していると1人目と2人目で保育料が変わります)
4.保育時間
これは、フルタイム労働をしている人とパートタイムなどの短時間労働を想定して子どもを保育するのかによって、計算される区分が自治体によって異なります。

親の所得や各自治体で決められている金額で保育料が決定されるので、保育料が1万円以下の家庭もありますし、7万円以上の保育料を支払っている家庭もあります。詳しい計算方法や金額は自治体によって異なるため、お住まいの自治体に確認するようにしてください。

給食の有無が違う

「幼稚園」の場合、給食は任意なので、園によって異なります。給食がある幼稚園もありますし、お弁当が必須の幼稚園もあります。幼稚園に入れたい場合で給食を出してほしい場合は、給食を実施している幼稚園を探すようにしてみてください。

「保育園」の場合は、給食は提供しなければいけないので、給食がない保育園はありません。

幼稚園と保育園のどちらを選ぶかは預ける目的で決める

保育園に子どもを預ける場合、親が仕事を持っていて昼間子どもの面倒を見ることができない人を対象にしています。そのため、母親が専業主婦で仕事をしていない場合は、保育園を利用できないというのが一般的です。自治体によっては、フルタイムで働いていることが条件なのか、パートタイムでも預けることができるのかなど、条件に違いがある場合がありますので、保育園の利用を考えている場合は自治体の利用条件を確認するようにしてください。

保育園は、昼間子どもを見ることができない保護者に変わって子どもを保育することを目的としているので、保育時間が長く、お昼寝の時間などもあります。しかし、幼稚園の場合、心身の発達を目的としているため、保育時間が短いです。基本的には延長保育をしない場合は、お昼寝などの時間はなく14時までという幼稚園が多いです。

また、幼稚園の場合は、幼稚園によって幼稚園で体験できる内容が異なっていることも多いです。英語教育に力を入れている場合は、外国人講師によるレッスンなどを取り入れているところもありますし、水泳や情操教育などに力を入れている場合や、専属のスタッフの指導によるスイミングやリトミックなどを取り入れているところもあります。

近くにいくつか幼稚園がある場合は、園児募集の時期になると幼稚園の見学会をしていることが多いので、いくつかの幼稚園に体験入園して子どもに合った幼稚園を探してみるとよいのではないでしょうか。

私立幼稚園は入園するまでにお金がかかるって本当?

私立の幼稚園の場合、夏、冬の制服、体操服、カバン、帽子など一式そろえなければいけないことも多く、また入園料なども必要になるため、入園時にお金がかかることがあります。また、保護者の収入に関係なく保育料が一律であるというのも特徴です。一般的に公立の幼稚園や保育園よりも私立幼稚園の方が、保育料が高いことが多いです。

私立幼稚園に通園している場合にもらえる補助金とは?

私立幼稚園に通園させている子どもがいる家庭の場合、幼稚園就園奨励費補助金の支給が受けられることがあります。同じ幼稚園に兄弟・姉妹で通っている場合や、保護者の所得などで補助される金額に違いがありますので、詳細はお住まいの自治体に確認するようにしてください。

手続きは、幼稚園から申請書類が配布されて書類を幼稚園に提出すると、補助金の対象となる家庭には通園している幼稚園を通じて補助金を受け取ることができます。ただし、補助金を受け取れる時期や受け取り方法は自治体や幼稚園などによって異なることがあります。

無認可保育園の場合は、自治体によって補助が出るケースもある

無認可保育園は、認可保育園に比べて保育料が高い場合が多いです。そのため、保護者の負担を軽減するために自治体によっては、無認可保育園に通わせている保護者に対して補助金が支払われているところがあります。自治体によって対応が異なりますので、詳細はお住まいの自治体に確認してみてください。

子どもを預かる目的は違っても幼児教育に対する考え方は幼稚園も保育園も同じ

私立幼稚園の場合、創業者の考え方などで、幼稚園で体験できることや取り入れている内容が異なることがあります。また、預かる目的が違うので、幼稚園は学べる場所、保育園は保護者の代わりに預かる場所という考え方をしていることも多いのですが、子どもを教育する基本的な考え方は、幼稚園も保育園も同じです。

1963年に文部省・厚生省の共同通達として、保育園と幼稚園の教育内容は同じにするということが決められています。また、2018年に保育園の保育指針と幼稚園の教育要領が改正されました。その中に保育園も幼稚園も同じ幼児教育機関として同じ内容の教育をするということが改めて記載されるようになりました。

0~2歳を保育できるのは基本的には保育園のみですが、3歳児以上の教育内容やねらいは保育園も幼稚園も同じだということです。

具体的には、「言葉の力は〇〇のように育てましょう」ですとか、「人間関係についてはこのように育てましょう」といった内容が、保育指針も教育要領もすべて同じ文言で記されているということです。

幼稚園の場合、園で勉強を教えてもらうことができるけど、保育園の場合は、それがないなら小学校にはいったときに学力に差がついてしまうのではないかと心配される人もいます。ですが、幼稚園であっても保育園であっても学校のように教科書を使って勉強するわけではありません。日常の遊びを通して、生活の基本を学ぶというのが園児の生活の基本です。幼稚園に入園した方が学力的に有利になるということは特にないので、家庭の環境に合った方を選ぶようにしてください。

保育園は保護者が自由に選ぶことができないって本当?

無認可保育園と呼ばれている保育園ではなく、認可保育園の場合、親が自由に行きたい保育園を選べないことがあるというのは本当です。

保育園の場合、入園を希望する保育園または自治体の保育課で入園の申込書を受け取り、入園を希望する保育園または自治体の保育課に書類を提出します。

申込書を提出すれば必ず入園できるというわけではなく、定員数に達した場合は、住んでいる地域を考慮し、他の保育園への入園をお願いされることがあります。保育園の入園は一般的には次のような流れで行われます。

1.入園を希望する保育園または自治体の保育課から入園申込書を受け取り、保育園または自治体の保育課に申込書を提出する。
2.自治体で入園基準に達しているかの審査と各保育園の人数調整を行う。
3.入園が決定した園児の家庭に対して、認定証・利用決定通知書が郵送される。
4.入園が決定した家庭に対して入園説明会が実施される。

つまり、最初は保護者が希望する保育園に入園申し込みをすることができますが、申込者と保育園の定員数を考慮して、定員数をオーバーした場合は他の保育園への入園に変更される可能性があるということです。また、入園基準を満たしていない場合は、保育園に入園することができません。

公立保育園と公立幼稚園は申し込み方法の違い

申込書は、希望する公立幼稚園または自治体の保育課で受け取り、希望する公立幼稚園または自治体の保育課に申込書を提出します。

定員数がオーバーになった場合は、抽選で入園できる園児が決定されます。私立の幼稚園に比べて保育料が安いので、希望者が多いという傾向があるようです。また、公立であっても幼稚園なので給食がない場合や幼稚園バスなどの送迎が行われていない幼稚園もあります。

私立の幼稚園であれば、住んでいるエリアに関係なく入園申し込みをすることができますが、公立幼稚園の場合住んでいる自治体の公立の幼稚園でなければ申込ができません。

公立の幼稚園の場合、3歳未満の乳児は預けることができない場合が多いので、3歳以下の乳児の入園を希望する場合は、自治体の保育課または希望する公立幼稚園に問い合わせをするようにしてください。

幼稚園から保育園、保育園から幼稚園の転園はどうすればいい?

幼稚園から保育園、保育園から幼稚園の転園は基本的には可能です。しかし、保育園の場合、保育園に定員の空きがない場合は入園することができないため、希望の保育園に入園できないことがあります。

私立の幼稚園から認可保育園への転園を希望する場合は、途中入園が可能なのかまずは自治体の保育課に問い合わせをするようにしてください。保育園の定員に空きがない場合は入園できないことがあります。

別の保育園または幼稚園から私立幼稚園への転園を希望する場合は、希望する幼稚園で受け入れてもらえるかどうか幼稚園に連絡をして確認するようにしてください。

幼稚園から保育園、保育園から幼稚園に転園しても子どもは大丈夫?

幼稚園、保育園の違いに関わらず、途中で転園することになると、周りの子どもたちはすでにお友達になっていることが多いので、途中で入る子どもたちが最初は馴染めないといったことはあります。ですが、園のお友達が声をかけてもらったり、先生が仲間に入れるように見守ってくれたりするので、お友達ができるようになると保育園であっても幼稚園であっても関係なく楽しく過ごすことができます。幼稚園、保育園の違いに子どもがとまどってしまうことはありませんので、心配はいりません。

幼稚園で毎日延長保育でも子どもは大丈夫?

幼稚園の場合、延長保育がない園児は14時に家に帰ります。延長保育をする場合は、他の園児が帰ったあと先生と一緒に過ごすことになります。

幼稚園の場合、延長保育で残る園児の数が少なく、14時に親が迎えにくる他のお友達を見ることになるので、中には、「帰りたい」という子どももいるようです。保育園の場合は18時くらいまでほとんどの園児が残っているので、ほぼみんな同じ時間に帰ることが多いのでこのようなケースは少ないです。

幼稚園で毎日延長保育をしたいという場合は、このようなこともあるということを覚えておくといいかもしれません。

幼稚園で延長保育をしてもお昼寝はないことが多い

保育園の場合、ほとんどの園児が18時くらいまでの保育なのでお昼寝の時間があります。しかし、幼稚園の場合、通常の保育の時間が14時までという場合が多いので、お昼寝がありません。延長保育をする場合も、14時までは他の園児と同じ活動をしているので、お昼寝ができません。

このような理由から、幼稚園の場合は延長保育をしても途中でお昼寝はしないということが多いようです。ただし、園によっても対応が異なりますので、お昼寝の有無は入園を希望する幼稚園に問い合わせてみてください。

入園の申込時にあわてないように情報収集は早めに行う

入園申し込みの時期になってから申し込みをしようとすると、どんな条件なら入園できるのか、必要な手続きはどんなことなのか、また申込にはどんな書類が必要なのかを調べて提出必要があるため、あわててしまうことがあります。

また、私立幼稚園の場合は、園によってさまざまな特徴があるので、体験入園などをしておくと、子どもにあうかどうか事前に確かめることができますね。幼稚園の募集要項は、その幼稚園に問い合わせをしなければわからないケースも多いです。入園時にあわてたり、入園後に後悔したりすることがないように情報収集は早めに行い、しっかり検討をして入園する幼稚園や保育園を決めるようにすることをおすすめします。

まとめ

幼稚園と保育園は、園児を預かる目的が異なるため保育時間や申し込める条件が異なることがあります。仕事をしているママの場合は、保育時間が短い幼稚園よりも保育園の方がいい場合もありますし、幼稚園に入園する場合は、お弁当が必要であったり、制服などの購入が必要だったり、幼稚園バスの利用は別料金の場合があります。

ただし、幼児期に集団生活で必要な経験を遊びの中から学ぶという基本的な考え方は、幼稚園も保育園も同じです。

家庭の環境や、子どもにあった幼稚園や保育園を選ぶようにしてみてください。入園の申込時期になったからあわててどこにしようか選んでしまいますと、入園申し込みがギリギリになってしまったり、あとで後悔したりしてしまうこともあります。

情報収集は早めに行い、しっかり準備をしてから申し込みをすることをおすすめします。