1. TOP
  2. 妊娠超初期症状の腹痛・下腹部痛はどんな痛み?生理前とどう違う?

妊娠超初期症状の腹痛・下腹部痛はどんな痛み?生理前とどう違う?

妊娠超初期症状の腹痛・下腹部痛はどんな痛み?生理前とどう違う?
LINEで送る
Pocket

よくある妊娠超初期症状の1つに、腹痛や下腹部痛があります。

「チクチクする」「鈍痛」「引っ張られるような」など、人それぞれで症状に違いはありますが、いつもの生理前の腹痛とは違った症状に不安を感じている人が多いようです。

そこでこのページでは妊娠超初期の腹痛や下腹部痛に関して、原因やメカニズム、具体的な症状や体験談、生理前の腹痛との違い、いつからいつまでか、注意したいこと、などなど徹底的に解説していきます。

Sponsored Links

妊娠超初期に腹痛・下腹部痛がおこる原因とは?

妊娠超初期に腹痛・下腹部痛がおこる原因とは?

妊娠超初期症状として腹痛・下腹部痛がおこるのは、次のようないくつかの原因があると考えられています。

1つは着床時の痛み(着床痛)です。

受精卵が子宮内膜に着床するときに起こるといわれている痛みのこと。着床痛については医学的根拠はないとされていますが、先輩ママの体験談を見ると着床痛なるものを感じている人は多いようです。なお、着床時には子宮内膜が少し傷つくのですが、それによって起こる出血は「着床出血」と呼ばれます。

そして、ホルモンバランスの急激な変化も関係しています。

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌され、急激に増加していきます。また、エストロゲン・プロゲステロンという妊娠に関係する女性ホルモンのバランスも大きく変化します。下の画像を見ると、急激な変化が分ります。

ホルモンバランスの急激な変化

このようなホルモンバランスの急激に変化によって、腸の働きが弱くなることがあり、便秘や下痢になってしまってお腹が痛くなることもあります。

また、これらのホルモンには妊娠を維持する働きがあり、妊娠超初期の頃は「血管を拡張してお腹周りに血液を集め始める」「子宮の柔軟性や伸縮性を高める」のような作用をします。それが原因で、お腹に違和感を感じたり、腹痛を引き起こしたりするようです。

妊娠超初期の腹痛・下腹部痛はどんな症状?チクチク?鈍痛?

妊娠超初期の腹痛・下腹部痛はどんな症状?チクチク?鈍痛?

妊娠超初期の腹痛や下腹部痛は、人によって症状はいろいろですが、先輩ママの体験談を見ると主に以下のような症状が多く見られました。(参照:妊娠超初期症状 体験談)

・下腹部にチクチクする痛み(鈍痛という人もいれば、針でチクチク刺すような痛みという人も・・・)
・下痢をともなう腹痛
・子宮がキューーっと引っ張られるような痛み
・子宮あたりにズーーンと重いような違和感

などなど。ただ、人によって症状には個人差があって・・・

下腹部だけではなくて、足のつけ根・恥骨・股関節など、子宮周辺に痛みを感じる人も多かったですし、症状を感じる期間も「断続的に」「毎日継続してた」「1日だけ痛かった」など違いが見られました。

また、「生理の時のような腹痛だった」「いつものように生理がきたのかと思った」という体験談もかなり多く、腹痛の症状のみでは「妊娠超初期症状なのか?生理なのか?」判別しにくいことも多いようです。

この腹痛は妊娠超初期症状?生理?見分ける方法は?

この腹痛は妊娠超初期症状?生理?見分ける方法は?

上で書いたように、妊娠超初期の腹痛・下腹部痛について「生理の時とは違いがあった!」という人も多いですが、「いつもの生理と同じだった!」という人も多いです。

「この腹痛って妊娠超初期症状なの?生理なの?どっち?」という疑問や不安を感じた場合、見分けるヒントとしてオススメなのは「腹痛以外の妊娠超初期症状もチェックすること」です。

実は、腹痛以外にも妊娠超初期症状はたくさんあります。例えば次のようなもの↓

頭痛、腰痛、おりものの変化、胸が張る、眠気、基礎体温が高い、出血、寒気、乳首が敏感になる、吐き気、下痢、匂いに敏感になる、脚の付け根が痛い、寝汗をかく、目眩(めまい)、頻尿、だるい、イライラする、唾液が増える、胃痛、熱っぽい、胸が大きくなる、ゲップが出る、鼻水が出る、すっぱいものが食べたくなる、喉が渇く、便秘、口内炎、おならが出る、情緒不安定、食欲が出る(参照:先輩ママの体験談から分かる妊娠超初期【全42症状】まとめ)

このように妊娠超初期症状はたくさんあるので、腹痛だけでは生理と見分けがつかないかもしれませんが、その他の症状のアリ・ナシと合わせて考えることで判別しやすくなるでしょう。

また、そのためにも妊娠を意識するようになったら、「いつもの生理前にどんな症状があるのか?」をしっかり認識しておくことが大切です。

妊娠超初期の腹痛・下腹部痛はいつからいつまで?

妊娠超初期の腹痛・下腹部痛はいつからいつまで?

受精卵が着床することで妊娠が成立し、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が始まります。そして、ホルモンバランスが大きく変わったり、ママの身体がどんどん変化することで、さまざまな妊娠超初期症状があらわれます。

ですので、妊娠超初期の腹痛は着床の時期(生理予定日の1週間前くらい)から始まります。(参照:妊娠超初期症状はいつから始まる?)

腹痛がいつまで続くのか?については、人によって個人差があるようです。妊娠初期の頃は子宮を支えている靱帯が引っ張られることで痛みを感じやすいですが、安定期くらいになるとだんだんと痛みが治まってくるパターンが多いようです。ただ、残念ながら「出産までずっと腹痛があった…」という人もいます。

もし強い痛みが継続するようなら、早めに産婦人科の先生に相談してみることをオススメします。

【要注意】激痛や出血は流産?トラブルの心配あり?

【要注意】激痛や出血は流産?トラブルの心配あり?

妊娠超初期症状としての腹痛・下腹部痛が、我慢できないほどの痛みだったり、特に出血を伴うような場合は危険なサインだと覚えておきましょう。

まだ胎嚢(たいのう)が確認されていない妊娠超初期の時期だと、流産、子宮外妊娠、胞状奇胎(ほうじょうきたい)などの疑いがあります。

流産

鮮血が出て下腹部に強い痛みがあるのが特徴です。子宮内をきれいにする処置が必要なので、早めに受診する必要があります。早期流産の原因のほとんどは胎児側にありますから、もし早期流産だったとしても、ママのせいではないので自分をあまり責めすぎないようにして下さい。

子宮外妊娠

受精卵が子宮の中ではなく、他の場所(98%以上が卵管)に着床してしまうケースです。細い卵管の中で赤ちゃんが成長するほど、痛みは増していきますし、最終的には卵管破裂につながるので大変危険です。妊娠超初期の頃は、赤ちゃんは小さいので痛みは小さいかもしれませんが、出血とともに痛みが継続する場合は注意してください。

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

胎盤を形成するもととなる絨毛(じゅうもう)が異常増殖してしまい、赤ちゃんを吸収してしまう病気です。500人に1人くらいの割合で発症するようです。出血とともに、重いつわりの症状がでることが多いです。

などなど、我慢できないほどの強い痛みだったり、特に出血を伴うような場合は、このようなトラブルの可能性もあるので、医師の診察を受けることをオススメします。

 

以上、妊娠超初期症状としての腹痛・下腹部痛についてご紹介させていただきました。腹痛や下腹部痛があって疑問・不安を感じている方の、ご参考になれば嬉しいです。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

育ラボの注目記事を受け取ろう

妊娠超初期症状の腹痛・下腹部痛はどんな痛み?生理前とどう違う?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

おすすめの関連記事はこちら

  • 先輩ママの体験談から分かる妊娠超初期【全42症状】まとめ

  • 失業給付金の延長が肝心!失業保険と妊娠の重要事項まとめ

  • 妊娠中こそ顔痩せしたい!顔痩せダイエット方法11選

  • 妊娠4週目のママの症状や赤ちゃんの成長など徹底解説!

  • 妊婦向け栄養◎飲み物!グリーンスムージーの効果とは!?

  • 助産師直伝!つわりの5大症状と、症状別対策法まとめ