1. TOP
  2. 【妊娠超初期症状】下痢や下痢のような腹痛って大丈夫?

【妊娠超初期症状】下痢や下痢のような腹痛って大丈夫?

LINEで送る
Pocket

妊娠超初期の頃に下痢や、下痢のような腹痛の症状がでることもあり、

「なんでこんなにもお腹を下すんだろう?」
「この下痢って大丈夫なの?」

と心配・不安を感じている人も多いようです。

そこで、妊娠超初期に起こりがちな症状である下痢や痛みについて、原因や対処法、流産の危険性の事などまとめました!

Sponsored Links

妊娠超初期症状として下痢が起こる5つの原因とは?

妊娠超初期症状として下痢が起こる原因とは?

妊娠超初期に下痢や、下痢のような腹痛が起こる原因としては次の5つです。

【1】自律神経の乱れ

着床して妊娠が確定すると、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」という怪獣のような名前のホルモンが分泌されるようになります。

他にも妊娠を維持するのに必要なエストロゲン・プロゲステロンなどホルモンが、今までとは違った分泌の仕方をするために、ホルモンバランスが大きく変化します。

ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れるために、自律神経が関係する排泄機能も乱れてしまい、その結果下痢になってしまうというわけです。逆に便秘を引き起こしてしまう人もいるようです。

【2】プロゲステロンによる腸運動の抑制

プロゲステロンというホルモンは『子宮の収縮の抑制』『乳腺の形成』『高温期を安定させる』などなど、妊娠中にとても重要な女性ホルモンです。

ただ、腸の運動も抑制するという働きもあるために、腸内の水分バランスが不安定になり、下痢や便秘を引き起こしてしまいます。

【3】食事の偏り、そして冷え

妊娠するとホルモンバランスの変化により、通常の状態よりも体温調節がうまくできなくなります。そして、プロゲステロンのホルモンにより、胃腸機能が低下しやすい時期でもあります。

つわりになるとどうしても「水っぽいもの」など、喉を通りやすい冷たいものばかりを食べてしまったり、食事に偏りが出ることが多いです。それによりお腹が冷えてしまい、腸が収縮することで下痢になってしまいます。

【4】精神的なストレス

妊娠するとホルモンバランスの大きな変化によって、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると、寝不足になってしまうなどで精神的なストレスが溜まりやすく、その影響で下痢が引き起こされる事もあります。

【5】貧血治療の薬

貧血対策に使われる薬『鉄剤』を飲むことで、下痢や便秘になったりすることがあります。鉄剤を飲み始めて下痢になった場合は、医者に相談してみてください。

などなど、妊娠超初期に下痢になる原因はいろいろとあるのですね。

妊娠超初期の下痢って流産の危険性はある?

妊娠超初期の下痢って流産の危険性はある?

妊娠超初期の下痢に関しては、流産の直接的な原因になることは無いとされています。

しかし、先ほどの下痢の原因の1つ『食事の偏り、そして冷え』の場合は注意が必要です。冷えの症状というのは、赤ちゃんにとっては『居心地の悪い場所』ですから、少なからず流産のリスクが発生してしまいます。

つまり、妊娠超初期の下痢が直接的に流産に関係するのではなく、冷えなどの間接的な理由で赤ちゃんへの影響はあると考えられます。

ですので、『体を冷やさないこと』『バランスの良い食事をすること』を心がけるようにしましょう。

妊娠超初期の下痢。こんな時には病院へ行きましょう!

妊娠超初期の下痢。こんな時には病院へ行きましょう!

妊娠超初期の下痢に関して、水様性の激しい下痢が1日に何回もあったり、長期的に続く場合には注意が必要です。それが刺激となって子宮収縮を招くことがあるからです。

また、そういった症状の場合は単なる妊娠超初期症状ではなくて、ウイルス性腸炎や食中毒の可能性も考えられます。流産する可能性が絶対にないとは言えませんので、安心の為にも早めに産婦人科で診てもらうことをオススメします。

産婦人科に行けば、妊娠中でも飲める薬を処方してくれます。市販の薬を自己判断で飲むことは避けましょう。

つらい下痢…。妊娠超初期の下痢への3つの対処法!

つらい下痢…。妊娠超初期の下痢への3つの対処法!

【其の一】胃腸に負担をかけないこと

胃腸の機能が低下しているため、胃腸に負担をかけないように食事を取ることが大切です。例えば…

・1回の食事量を少な目にして、複数回に分けて食べる。
・消化の良いもの。吸収されやすいものを食べる。
・よく噛んでゆっくり食べる。

などなど。ちなみによく噛んでゆっくり食べることは『妊婦さんは体重増加に注意!妊娠中の体重管理8つのポイント』で解説したように、余計な体重増加を防ぐコツの1つでもあります。

このように胃腸に負担のない食べ方をすることで、下痢をしにくくなるかもしれません。

【其の二】身体を温めること

妊娠中の冷えは大敵ですから、食事や日常生活の面で、体を温めることを心がけましょう。

食べ物であれば…、生姜・みそなどの体に熱を与える食べ物を取り入れたり、なるべく火の通ったものを食べるようにする。

飲み物であれば…、冷たい飲み物は控えるようにし、温かい飲み物にする。

日常生活の面では…、血行を良くするために腹巻や靴下などを身に付けたり、ゆっくりお風呂に浸かるなどして身体を温める。

などなど。身体を温めることは下痢対策になるし、赤ちゃんにとっても居心地のよい環境になります。

【其の三】産婦人科で薬をもらう

妊娠超初期の下痢や下痢のような痛みがツラい時は、我慢せずに産婦人科に行って薬をもらうのもアリです。妊娠中でも飲める薬を処方してくれます。

インターネットで検索すると、「妊娠中に使用可能な市販薬」など紹介されていますが…、あなたの症状に最適な薬かどうかは分かりません。

ですので医師の許可なく、市販薬を自己判断で飲むのは避ける事をお勧めします。

ちなみに、特に下痢のような腹痛や下腹部痛が気になるなら、合わせて下記ページもご参照ください。

妊娠超初期の腹痛はどんな症状?生理前との違いなどまとめ
どんな痛み?いつまで続く?妊娠超初期症状の下腹部痛まとめ

以上、妊娠超初期症状としての、下痢や下痢のような腹痛に関して解説しました。ご参考になれば嬉しいです。

Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

育ラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育ラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

おすすめの関連記事はこちら

  • 妊娠中のアロマ利用法&妊婦OK・NGのアロマオイルまとめ

  • これでもう大丈夫!妊娠線のメカニズム&予防法8原則

  • 妊娠・出産費用と医療費控除(確定申告)の重要ポイントまとめ

  • 妊娠中に最適?妊婦さんOKのハーブティー&効果まとめ

  • 「妊娠?生理?」妊娠超初期症状と生理前の症状の見分け方

  • 体重増加に注意!食べつわりの症状&対策術まとめ