【2021年4月開業】ロマンスカーミュージアムの概要決定!!

0

小田急電鉄初のミュージアムが2021年4月に誕生します!!

小田急電鉄がかねてより計画していた「ロマンスカーミュージアム」の概要を本日発表いたしました。

小田急電鉄のロマンスカーはとてもカッコよくこどもたちは大好きなのですが、歴代の車両が見たくても博物館等にはなく小田急鉄道展といった特別な機会にしか見れなかったのでこの博物館は待ちに待った施設となります。

ロマンスカーミュージアムができる場所は小田急線海老名駅に隣接する敷地面積約4,000㎡のエリア。

海老名駅はここ10年で本当に街が様変わり。

都心からは少し距離はありますが、ビナウォークやららぽーと海老名もありロマンスカーを見るためだけに出かけると言ったことも避けられそうです。

このロマンスカーミュージアムですが小田急グループのUDS株式会社が「事業計画」「建築設計」「店舗運営」を手掛けており、UDS株式会社といえば、キッザニア東京などを企画運営している会社なので期待値も高まります。

館内主要コンテンツの概要

【1階】

①ヒストリーシアター

小田急開業当時の車両であるモハ1の展示やロマンスカーの歴史を凝縮したショートムービーが放映されます。

小田急電車のモハ1といえば、1926年~1927年にかけて製造された歴史ある電車ですね。

②ロマンスカーギャラリー

以下の車両を展示し、一部車両には乗車をして車内も楽しめます。

・特急ロマンスカーSE(3000形) 3両

1957年~1992年まで活躍の初代特急ロマンスカー

・特急ロマンスカーNSE(3100形) 3両

1963年~2000年まで活躍

・特急ロマンスカーLSE(7000形) 1両

1980年~2018年まで活躍

・特急ロマンスカーHiSE(10000形) 1両

1987年~2012年まで活躍

・特急ロマンスカーRSE(20000形) 2両

1991年~2012年まで活躍

このようにおじいちゃん・おばあちゃんも楽しめそうなラインナップがうれしいですね。

ちなみに特急ロマンスカーRSE(20000形)は2013年に富士急行に譲渡されており、現在は「大月」~「河口湖」間を結ぶ「フジサン特急」として運行されています。

【Before】

【After】

【2階】

①ジオラマパーク

小田急沿線を模した国内最大級の巨大ジオラマで小田急線の特徴や魅力をHOゲージを中心に再現します。

②キッズロマンスカーパーク

木でできたロマンスカーなどロマンスカーをテーマにしたこどものための空間となります。

また特急ロマンスカーLSEの実際の運転台・操作機器を活用した本格仕様の運転シミュレーターも設置されます。

③ミュージアムショップ

小田急グッズショップ「トレインズ」が出店。

④カフェ

ロマンスカーや小田急沿線にちなんだメニューも提供予定。

⑤みんなのトイレ、授乳室、ベビーカー置き場を設置。

【屋上】

①ステーションビューテラス

海老名駅や海老名電車基地を行き交う電車が一望できる屋上テラス。

電車博物館などに行ってこどもが喜ぶのが実際に走っている電車をみること。これができるのはうれしいですね。

海老名電車基地の電車はこれまで海老名駅のホームから見ていましたがこれを上から一望できるのもポイント大です。

まだ開業日や営業時間は未定ですがドキドキさせられる内容がアナウンスされましたので書き留めておきます。

2021年4月のオープンが楽しみです!!

0

この記事がためになったら「いいね!」お願いします。

育ラボで人気の育児・子育てカテゴリー。子育て情報が満載です。育児途中のママ・パパは是非ご覧ください。
育児や子育てのお役立ち記事一覧はこちら
出産・子育てはお金がかかります。お金のやりくりや給付金情報、知らないと損する情報をまとめました。
マネー・節約のお役立ち記事一覧はこちら
こどもと行ける遊び場情報。次の休みは何しよう?なんてときにご覧ください。
遊び場案内の記事一覧はこちら

最初のコメントをしよう

任意